無担保ローンを却下されることはあるの

ローンをするときには必ずといっていいほど、審査があります。これはローンをする金融会社や銀行によって、審査の基準やそれにかかる時間はそれぞれ変わってきます。住宅ローンのように借りる金額の規模が大きい場合には数週間程度、借りる金額の規模が小さい場合には、早ければ次の日や当日にお金を借りることができます。審査の目的というのは、その人にお金を貸して大丈夫なのか、支払い能力はあるのかといったことを確認するために、必要になってきます。では、逆に審査が却下されて無担保ローンができない場合もあるのでしょうか?

 

これに関しては残念ながらあります。では、どのようなときに審査が却下されるのでしょうか?これに関しては無担保ローンを申し込んだ各金融会社や銀行などでは、公表はしていませんので分からないのが実情です。しかし、これは逆の立場で考えると分かることもあります。例えば収入が少ない場合に、多額のローンを組もうとしたら、場合によっては支払うことができない、と思われて却下されることがあります。また、過去そして現在においてクレジットカードで延納している、または滞納した回数が多ければ多いほど、無担保ローンを申し込んで申し込みを却下されることもあります。また、すでにローンやキャッシングなどを別のところでしている場合も却下される可能性があります。無担保ローンをする前に、このようなことがないかをあらかじめ確認してください。